キャンドル作成WS☆オモシロカッタ♪

ども☆

よしみです。

さて。

先日、前橋やぱすき!サロンにて初開催しました

「貴方を映し出す纏う鉱物キャンドル」のワークショップ。

 

いやー。面白かった!!

 

昼の部・夜の部と2部制でのWSでしたが、昼の部を見ていたよしみは自分でも作成したくなっちゃって、夜の部に飛び入り参加でキャンドル作ったもんね!!

 

参加者さんの次回リクエストも多く、4月後半あたりにまた2回目のWSを企画中ですので、ひとまず、WSレポ☆ブログります♪

まずは、yukiyoから☆

 

☆☆☆☆

 

「貴方を映し出す纏う鉱物キャンドル」のワークショップ。

素敵な方々と、素晴らしい時間の共有をする事が出来、 とても有意義なひとときを過ごす事が出来ました。

お越し頂いた皆様、 本当に有り難うございました。

直感で作って欲しい! と言う、私の思いのせいで言葉足りない説明からの、いきなりの製作開始の中、皆さん、思い思いの色をチョイスし、とっても素敵なキャンドルを作り上げて下さいました。

初めまして。の方も多かったので、私の中で勝手に初対面からのイメージを膨らし、どんな色をチョイスして下さるのかワクワクしながら皆さんの製作を見させて頂きましたが、 どの方も正直「意外!」と思う様な色のチョイスをしていて、とても興味深かったです。

出来上がったキャンドルは、私自身も今まで作った事の無い様なカラーの物が多く、それぞれのキャンドルを並べ、灯しながら良美さんのセッションへ入ると、なぜ、このキャンドルが出来上がったのか。なぜ、この色が強く現れたのか。

導かれる様に映し出されるキャンドルはとても美しかったです。

 

本当に、「今の貴方」を映し出す、分身の様なキャンドルになったのではないかと思います。 このような形でのワークショップは始めてでしたが、本当に本当に楽しかったです。

今の貴方から、次の貴方へ。

移り変わる貴方が次に作るキャンドルはどんな色をし、どんな形を表してくれるのか?

楽しみで仕方無いです。

 

今、皆さんのキャンドルから生み出された欠片達を、アクセサリーパーツへと加工しています。

 

1つ1つ丁寧に皆さんの片割れと向き合っていると、あの日のワークショップでの空気が自然と思い出され、また幸せな気持ちにさせてもらっています。

心を込めて加工しておりますので、お手元へお届けするまでもう少々お待ち下さいませ。

 

また、皆様にお会い出来る日を楽しみにしています。

有り難うございました。  

 

LYL yukiyo

 

☆☆☆☆

 

よしみ目線でのWSレポ☆

 

今回はyukiyoからの提案、<自分の直感で作ってほしい!>とのコトで。

当初は、最初によしみの魂リーディングやチャクラリーディングなどをしてから、それをキャンドルで物質化スル☆なんて流れを考えていたのだけどね。

WS終えてみて、<直感>で作成するというカタチで大正解☆・・と納得。

だってさ。

キャンドルのワックス、すぐに固まっちゃうんだよ。

今回のキャンドル作成は、各自1枚のトレイの上に、好きな色の染料・顔料を置きその上にワックスを流し入れて、固まりかけたら、またその上に染料→ワックスを流していく・・の繰り返し作業。

それによって、さまざまな色の層が重なり合い混ざり合い、色んな表情を見せていく。

そのトレイに重なったワックスを、最終的には、自分の感覚のままコネコネしていくのだけれども、それも、ワックスがヤワラかい内にコネないと、形成ができない。

だから、ハイ!次!ハイ!もう流してください!!ってyukiyoの声がサロンに響く☆

 

そのコネコネ作業により、地層のようなキャンドルになったり、モザイクやタイダイのように仕上がったり、宇宙になったり、アート作品になったり、鉱物そのものになったり・・。

 

すべては感覚。

ほいで、<直感>ってさ。

考えちゃ<直感>じゃないんだよね。

目に入ったらそれを掴む。目を瞑って指が触れたらそれを選ぶ。

それが直感なんだよね。

セッションでも良く、直感の使い方がわからない、って質問されるけどさ。

そうなの。

日常で、直感のまま、選択して生きているコトって、大人になるとなかなかナイよね。

だから、WSでも、みな、その<直感>のままに選択してそれを使う、決める、っていう作業に慣れるまでに、あたしも何度か「あ!それはもう、考えちゃってるよ!」なんて言ったりしてた。

幼稚園の頃とかじゃない?

その感覚に従って手を伸ばして掴むコトが出来たのって。

好き勝手にクレヨン選んで絵を描く、とかさ。

いつしか、どう仕上げようかな?なんて答えありきで行動するようになっていたよね。

 

だから、WS、オモシロかった☆

気づいたら、夢中になってた。みーんな。

時々「息してる?呼吸してね!」なんて声かけながら☆

 

そんな、理由もなく何かに没頭してクリエイションする時間ってさ。

贅沢で豊かだよね☆

 

そして出来上がったキャンドルはみんな違ってみんな素敵。

 

で、そのキャンドルを切り出して、アクセサリーのパーツを作るための、削り作業もオモシロイのだけど。切り出すと、全く違う表情が浮き出てくる。

じゃ、コッチ削ると?ココをもっと削ると?そうやって、みな黙々とパーツ作成に突入してたもんね☆子供のように♪

 

WS後半は、よしみのリーディング☆

今回は、なんでそのキャンドルができたか?を読み解くカタチにした。

だから、まずは

「どんな感じで作り始めた?」

って聞いてみた。ほいで、みな、口ぐちに言う。

「最初はこんな風に作ろう、って決めて参加した。したっけ、出来上がりは全く違った!!」

・・と。

したっけ、とは誰も言ってなかったけども。

 

でも、そのキャンドルからのメッセージは魂からのメッセージにホントにリンクしてて、リーディングしてるよしみも、新鮮な切り口でオモシロカッタし楽しかった!!

 

みなが何ができるか?に期待するクリエイション。

それこそ、自分の中から湧き上がるままに生み出すクリエイション。

自分に期待してるのと同じ☆

 

よしみも、「あたし夜の部で作るっ!!」って、昼の部終えてyukiyoに参加表明。

出来上がったキャンドルは、大好きな岡本太郎みたいな作品だった。

赤とか藍色とか金色とか、濃い色がウネウネと混じり合って。

 

よしみのキャンドルは、削り出ししたら、赤い蛇と富士山が出てきたヨ☆

溶けたワックスの下からも赤い蛇が出てきたヨ☆

 

今度はそれを灯すヨロコビ☆

パーツを纏う楽しみ☆

が待っている☆

 

オモシロイよ♪

キャンドルWS♪

 

また開催日決まったら告知するので、皆様お楽しみにね!!

 

ご参加の皆様、楽しい時間だったね!

よしみとyukiyoからありがとう!!です☆

 

よしみ×yukiyo

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ