ラテ!ああ、ラテよっ!!

ども。

よしみです。

「うちのラテ知りませんか?」

。。ということで。

って、どういうことなのか、よくわかりませんね。

先日、劇団松本良美の看板犬、

フレブルのラテが逃走しました。

松本一家にナニガシがある節目節目に
度々逃走劇を起こすラテさんですが。

そう、前回のラテ逃走劇は 私の元夫が救急車で運ばれて
難病と診断された、松本一家の歴史を塗り替えた日でございました。

今回は祝★宇宙の正月♪春分を前に
よしみの精神が 崩壊し、
部屋に引きこもっていた時にラテ脱走劇が起きたのでした。

いわゆる 崩壊が起きることで新しい自分に再生するわけですが。
はい。壊れっぱなしはございません。ご安心を。
いづれ、肉体や精神を崩壊させるまで
抱え込んだものが浮上することで、
固定観念ぶっ壊れて、より軽い自分に生まれ変わるので
結果オーライなデトックスなんですが。
振り幅でかーいっ!松本一家のそこいらへんは また 別枠でブログります。

いづれ よしみは ひとりで うあーっ!とかなりながら
ひとり部屋で引きこもっていたのですが。
ラテの逃走があたしを一気にその崩壊から再生へと引っ張り出したのでした★

 

ひとり鶴の恩返しのごとく部屋に引き込もって数時間。
もぞもぞとスマホをのぞくと、
松本一家でグループ作成してます
LINEのグループが何やら騒がしい。
<ラテいる?>
<いないよ。>
<玄関も門も全開だよ。>
<ママのとこいる?>

・・みたいな。

時間確認すると
ラテ脱走推定時刻 午前10時。

あたし、LINE確認16時半。

。。こりゃ。
誰かに確保されたな・・。
我が家のラテ、脱走しても自分で帰ってくるのでね。
今までは。

旅芸人ともじゅとチョージョがやいのやいのしてるところに
よしみも参戦。

引きこもってるあたしどこ行った?

そこにジージョが帰宅。

いつしか集まる固まる松本一家。
しゃきーん!結束っっ!!
「ラテを探せーっ!」

みなで 車に乗って町内をぐるぐる。

ジージョが言う。
「学校のそばで 知らないおっさんがロープでラテそっくりな犬を散歩してて
ラテにそっくりだなー、と思ってた」

「おい!それ ラテじゃん!」

「だってラテとは思わないじゃん!」

「どこで見かけた?」

「あの家の前!」

チョージョがピンポン!

「えっと 白いフレンチブルドッグいませんか?」

「いません」

「だよね。」

ジージョ、LINEのタイムラインで

「うちのラテ見た子いる?」

と呼び掛け。写真添付。

ともじゅ「やっぱ交番じゃない?」

そんな同時進行の会話のなか、

よしみ、最寄りの交番へ車を走らせる。

ジージョ「・・13時半頃にその犬なら、中学校の校庭でスポンジボールで遊んでたよ」

タイムラインの目撃情報を読み上げる。淡々とな。

一同爆笑。車のなかで。

おかしくて事故りそうになる。

ジージョ「・・その犬なら校門の前で皆に囲まれてたよ」

一同爆笑。

ジージョ「野球部の男子がラテを探し回ってくれてるって!」

「きゃー!すごーい!かっこいい!ジージョその子と付き合っちゃいな!」

「やだよっ!」

引きこもってるあたしどこ行った?

それでもふと心配するチョージョ「ラテー・・帰ってくるかなー」
玄関全開で出掛けたゆえの責任を感じてるのか?

よしみ「まったく不安を感じない。心配すな。絶対いい人が確保してくれてる」

交番到着。

誰もいない。

入り口に

「巡回中だよ!用があったらこれで電話して!」

みたいな張り紙。

よしみ受話器をあげると

「はい。本署!」

「あ・・あのー、犬がー、逃げてー」

「は?」

「犬が脱げたらー、交番に来ればイイのかな?」

「は?」

したっけ、チョージョとジージョが叫ぶ

「ままー!ラテ 見つかったっ!」

「あ、あのー。犬、見つかりましたー!」

「は?」

「どこにいたんですか?」おまわりさんがきく。

「ど、どこにいたの?」よしみ、娘に聞く。

「消防署!」

「あ・・消防署みたいです」

「は?」

もう ワケわかんないけど経緯説明させられて
おまわりさん、もっとワケわかんないだろうけどさ。

「あ、みんなで探してくれてひとまずわからないけど消防署なんです、すみません!ありがとうございました!」ガチャっ!

とにかく。笑う。笑う笑う車内。

「今年一番笑った。あ。まだ2月だけど」

「ジージョ、その男子と付き合っちゃいないよ!」

「やだって!」

で。消防署に到着。

みんなで車を飛び降りる。

署員さんがいっぱい出てきた。

「ご家族の方、えーと、ご確認ください」

「きゃー、本物の<ご家族の皆様、安否ご確認ください>聞いちゃったよー」

「きゃー、ラテ、どうなってんだろー」

1458634869365

「ラテーっっ!」

「ダンボールに入ってるー!」

「近所の方が、確保されて、轢かれたら大変だからと、消防署に電話かかってきまして、
このロープで縛って連れてきました」

「ロープって本物のロープじゃん!!」

「ジージョ見たの、ラテだったんじゃん、つか、消防署の人だったんじゃん」

どんだけ すべてを楽しみ味わいまくるんだ?松本一家。

とにかくとにかく
署員さんみんなでお見送りしてくれて
優しい笑顔で送り出してくれた。

received_1031225583631718
「ありがとうございましたっ!!」

そして見つけてくれた野球部のAくんとやら。
何やら、チャリで町内を探し回ってくれてて、消防署の前を通りかかったら
「ワン!」と聞こえたらしく、お伺いしてくれたとのこと。
Aくんが気づかなければ、きっとラテが消防署にいるとは絶対きづけなかった!!

「Aくん!ありがとう!」

「ジージョ、付き合っちゃいなよ!」

「やだよっ!」

そんなこんなのやりとりで
松本一家、ラテを抱っこして車内へ。

「ラテー!怖かっただろー!!ごめんねー!」

そして全員で

「くっさー!いつにも増してクサイな!!」

「ぎゃはははは!」

とっぴんぱらりのぷぅ。

朝の自分の重さが 一気に抜けて
なんと軽く楽しい波動に包まれてることか。

気づくとラテ。
いつも なんかの節目に松本一家を繋いでくれてるのだ。

大切な家族。

とにかく明るい松本一家。
いろいろあるけど松本一家。

ここ最近、出張続きで 留守番も多い子供達だけど。

我が家は我が家で 素晴らしき日々を過ごしてます★
そんな よくある1ページをブログってみました。

今後はチョージョもジージョもブログに参戦するとか?

どうぞ お付き合いくださいまし。

ありがとうございましたっ!!

 

よしみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ