夢子★劇団松本良美★祭りに出没していた!! お久しぶりです。夢子です。劇団員の夢子です。

祭りの後の夢子の不思議①
お久しぶりです。
夢子です。
先日の劇団松本良美祭り、楽しかったですねー。
ほんと、朝から晩までパワフルな素晴らしい1日でした。
って、あれ?夢子居たのか??って話ですが、 居ましたよ。実は。
ちゃっかり神社参拝から参加してました。 うふふ。
 
でね、この神社参拝からちゃっかり参加していた夢子。
そのエネルギーもちゃっかり受信していた様で、 早速現れてるんですよ。
その後のそこかしこに。
なので、ここにアウトプット&皆さんにシェア。させて頂きますね。
 
まず始めに祭りのスタートを切ったのが総社神社の参拝だったのですが、 何気にお初な夢子。
ただ、ただ凄いなーなんて、あっけにとられながら良美さんの先導する中、 参拝をしていたのですが、 御朱印帳を待っている時に、無意識の自分の行動に気付いたんです。
 
私、頭を揉んでる....
 
元々、頭を触ったりほぐしたりするのが日課の様にあるのですが、 それとは違って、違和感を感じていたのです。
だから無意識のうちに触っていたみたいで、 締め付けられる様な痛みと言うか、触って解したい!と無意識下で触っていた様です。
そのまま行った、宮鍋神社ではその大木に圧倒され、胸がギューッとなって泣きたくなる様な懐かしい気持ちに。
 
そしてここで不思議な事が..
実はここ一ヶ月くらい、月のモノが不順になっていて、不正出血の様な物が続いていたんです。
昔からたまにこういう事があって、レディースクリニックを受診して調べてもらったりもするのですが、 特に異常もなく、しばらくすると正常に戻るのです。
で、今回もそんな感じが続いていて、 極少量の出血が続いていたのですが、大木を見上げてただただ感じるままに見つめていたら、 シュッと何かが通った様な感覚がして、出血が.... 少量ではなく、割とな量で。  
まるで栓が抜けた様な、詰まりが取れた様な感覚です。
その時から今も、普通の月のモノの量が来ているので、このまま正常に終わりそうな予感です。
そして、サロンに戻ってからは皆さんと同じ様にイベントを楽しんでいたました。
(え?まだ居たの?っておもいます??居ましたよ、最後までw)
 
楽しくイベントを終えて翌朝、目覚める間際に見た夢がこれまた夢子力発揮な夢でした。
 
夢の中で私は良美さんと並んで歩いているのですが、 良美さんの右腕にがっしりとしがみ付きながら歩いているんです。
もう、そのままぶら下がっちゃうんじゃないか?ってくらいがっしりと。
で、しばらくすると夢の中の良美さんが言うんです。
「なんか、軽くなったね。」って。
勿論、夢子はまだがっしりと良美さんの腕を掴んでいるのですが、 良美さんはそんな風に言っていました。
ほんの数分の短編の夢。 でも、目覚めてからもしっかりと覚えていました。
不思議な出来事はまだ続きます。 ちょっと長くなりますが、続きます。
 
 
そしてパート②
 
 
祭りの後の夢子の不思議②
不思議な夢を見た翌日、 ここ数ヶ月頻繁に会っていた子と久々に会う機会がありました。
するとその子が突然言うんです。
「夢子さんて、霊感ありますか?」って。
今まで何度か会ってても、 そう言う類いの話は一度も出なかったので私もビックリして、
「えー、ないよー」とだけ返しました。
するとまたその子が 「そうですか?」と、続けて来たので、
「そう見える?Kさんはあるの?」と聞いてみたら、
「はい。ある方だと思います。」と。
 
なんでもKさんは、割とお化けとかも見えちゃう方で、 オーヴなんかは肉眼でも見えるそうです。
もっと早く聞きたかったぞ。Kさん。
で、そのKさんは私もそう言う力があるんじゃないか?ってずっと思っていたらしいのですが、 久々に会ってやっぱりと確信したらしく、思い切って聞いて来たらしいのです。
「霊感がありそうってこと?オーラーとかが見えるの?」と私が聞くと、
「オーラは見えないのですが、なんて言うか....波動が強いと言うか、高い感じです」って。
 
思いも寄らない人から、思いも寄らない言葉を言われたので、 びっくり仰天動揺夢子。
「高いのは波動じゃなくて、テンションじゃないのー???」なんて笑いにして終わってしまいました。
 
そしてその日の夢がまた、夢子ワールド炸裂。
割と波瀾万丈かましていた時期に見ていた夢で よくあったのが、走っているのに走れない。足がもつれる。コースを脱線する。
と言った夢で、 特に、学生の夢子が競技で皆と走るのに1人うまく出来ないと言った物でした。
こういう夢を見ると、何となく現在が上手くいってない様な事にリンクしたりしていました。
 
ですが、この日見た夢は、今までとは全く真逆の夢でした。 ヨーイドン!でスタートを切った夢子。
一歩足を前に出すだけで恐ろしい程先へ進むんです。
力強く出す一歩は風を切り、まるでピンと伸びたゴムの先から放たれる球の様に ぐんぐんと他を圧倒してゴールテープを切りました。
あまりの早さに、観客はあっけにとられていましたが、 夢子には盛大な拍手喝采が送られるのです。
そう言えば、夢子のメガネがあまりのスピードのせいか、 ズレ落ちて斜めになっていたのを、 恥ずかしそうに直しながら笑っていたのを今思い出しました。
とにかく、今までに無い爽快感と力強い、風になった様な感覚の夢でした。
 
この一連の流れを良美さんにシェアした所、 面白いから皆にもシェアし、きちんと自己開示する様に。と言われました。
自己開示をする事で、それを外へ出さないと次へ繋がらないのだと。
そこが分かれ道だと思ってる。って。  
 
なるほど・・・ 確かに日常の些細な事や、見た夢、どんなに不思議だったとしても、 それをアウトプットしたりシェアしたリってなかなかないよな。
折角こうして夢子として表現する場を貰っているんだから、 きちんと自己開示しようと思い、長々と綴らせて頂きました。
きっと、皆さんにも起きていると思います。
不思議な流れが・・・・ 大切なサインが・・・・ 表現の1つとして是非、自己開示してみて下さいね。

夢子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ