夢子の夢は夜ひらく★vol.4 お久しぶり半年ぶりの夢子が復活★

2017/02/15

 

夢子です。

おはようございます。
お久しぶりです。

夢子、なんだか目覚めたらしいよ。

え?何に? え? 自分に…。 え?

・・・・・・・と言うお話をさせて頂きます。

去年後半、ふと気付いたのです。

自分が偽物だと。

そりゃもう、突然 「ここはどこ?わたしはだれ?」状態です。

いや、きっと、気付いていたんだけどね。

気付いていないフリをしていたんだね。

別に頭打ったとかじゃないです。

ただふと、 「今の私は偽物だ」って 誰かの思考の上に成り立ち、 誰かの言葉を話し、 誰かのライフスタイルを生きる。 みたいな。

誰かを素敵だな。と思うのは素敵な事だと思うんです。

自分と違う人に憧れたり、目指したりするのは自分の糧になったりバネになったりすると思うから。

でも、そこで自分を見失っては本末転倒だと思うんです。

私はまさにその本末転倒路線を突っ走っていた訳で、 いつからそうなったのか? いつからの自分がそれなのか? もはや分からない・・・ でも、気付いた。

「あなた誰?」って。 全部が全部嘘じゃないけど、 その「偽物」に気付く事って、それこそが大事なプロセスの様な気がするんです。

そこから始まりました。

「誰?」と思う自分をはぎ取る作業。

そうするとね、内観出来るんです。自分を。

確かな物じゃなくても、 「あー、これは私の物じゃないな」とか、 「あ!これは、あの人の言葉だ!」とかね。

私は途中から笑けてきましたよ。

「私、誰やねーん!」って。

分かったフリや、知っていたフリなんかも偽物ですね。

私はこの期間を「絶賛偽物期間」と名付け、思いっきり落とし込みました。

そうすると、言えるんです。人にも。

「私さ、絶賛偽物中だったんだよね」って たいてい最初は「は?」ってなるんですけど、 話していくうちに、 「あ〜・・・」って納得してくれます。 楽になります。

とにかく。

私はプライドが高い方なので、 「分かってないな、こいつ」とか、 「ダサッ」とか思われるのが正直耐えられない。 だから偽物を装ってでも合わせようとしていたし、 今の自分よりランクの高い自分で居ようとしたんだと思います。

心や思考が追い付いていないのに、簡単になれちゃうのが「偽物」の怖い所なんです。

でもそれって絶対いつか剥がれます。

剥がれてくれるならまだ良い方。

凝り固まって、本当の自分を乗っ取ろうとして来たら・・・・ 考えただけで恐ろしい。

でも、本当に気付けたら楽なんです。 口に出せたらもっと楽です。

その時の自分を認めて受け入れてあげたら、 本当の自分が待ってました!とやってきます。

でね、夢子。

絶賛偽物中の時は、開かなかったんです。

それがね、 「偽物」を受け入れた途端、 空飛んだり、雲の竜の口に飛び込んだり、高い所から飛び降りてふわりと着地したり、 そりゃもう、見るわ見るわ。

 

そうそう。

絶賛偽物中の時は、良美さんにも会えませんでした。

会えないって、 「偽物の私、会うのが恥ずかしい」って思う会えない。

と、 ことごとく「会えない」 これは、会いたいのに会えない。

とにかく予定が合わない。

もう、会っちゃダメ!!って言われているかのごとく。

去年半年はほんとそんな感じ。

後半に「偽物の自分」と対面し、 落とし込み、剥ぎ落とし、笑って言えるまでになって今年。

良美さんに会いたい!と思い連絡。

即オッケー!

明後日行きます!

オッケー待ってる!

そんな流れ。

ああ・・・・こりゃ流れるな。って久々に確信しました。

で、良美さんにもご報告。

 

「絶賛偽物の私」 良美さん、大爆笑でした。

で、スッキリさっぱりして帰って来た日の夢は凄かった。

脱皮したよ。私。

垢とね、皮がベローン!と。

すんごい引いたよ。

夢だけど引いたよ。

夢の中の私も周りに人がいないか確認してたよ。

でもね、その古い皮の下からは真っ白で美しい新しい皮膚がちゃんと出来上がっていたよ。

新しい自分、本当の自分は、実はもうちゃんと用意されているだよ。

後は、今の自分がそれに気付くか、古い皮を脱ぎ去る事ができるか。

それだけじゃないかなって。

気付いた時、今までの自分が急に嘘くさくなってそりゃ辛いけど、 笑って脱いじゃえば、本当の自分はもっと強い者となってきちんと受け入れてくれるよ。

脱皮! しちゃいましょう! べろーん!とね♡       

 

夢子

2 thoughts on “夢子の夢は夜ひらく★vol.4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ