日めくりかーど誕生秘話☆2

ども。
よしみです。

前回に引き続きましての
りかーど誕生秘話。


そんなこんなで
社会的にはアウトー!なRicaさんを
よしみん的には
オモシロ人間として
高く評価していたのでね。

今回HPを作成するにあたって
クリエイターY氏の
「毎日なにがし更新するの大事だZE(←こんなコトバは使ってなかったなー)」
とのアドバイスもアリ。
じゃ、りかーどを!なんてひらめきましたので。

Ricaに
「やらない?」
「やる!」
で スタートしたわけです。

で。
色鉛筆で描いていたりかーどだったので、
<線が弱いから、も少し強い色調にしたら?>
とよしみん申しまして。
Ricaはマッキーの何色セットみたいの買ったんでしょうね。
しっかり線が出るように、上書きしてくれました。
でも、下書きの線は消してない。
ま、消さないよね。コノ人は。
めんどくさいんだろうな。仕方ないか・・。と。
だもんで、りかーど。線が汚いです。

で。
HPで更新するためにまずは
りかーどを写真に収めてもらわなければならない。
ま。アノ人が写真撮れば、ご察しのとーり。
角度は曲がってるし、暗いし、
結構な確率で魚眼レンズみたいになってるし。
で。
言うわけですよ。よしみんは。
<太陽の下で一律に同じスタイルで撮ってくれ>と。

でも、写真って以外に難しく。
角度は曲がったりする。
だからトリミングをする。
いざしてみると、りかーどは紙いっぱいに
書きなぐっているもんで、イラストや字が切れる。
で。
言うわけですよ。よしみんは。
<今度からは、もすこし、内枠の中に納まるように書いてくれないかな?>と。
するとRicaさん
<そうやって、ああしてこうして言われたら、なんかやる気がなくなるんだよねー>と。

ま、ここで、カチン!とよしみんはくるのですが。
ま、いっか。じゃ、字とかが切れても、仕方ないね。と。

そんなこんなで、
すでに 数十枚あるりかーどを使用して、
日めくりかーどをHP始動前に試運転してみたワケです。

で。ある日。
送られてきたカードが あまりにも雑?というか
ビジュアル的に汚かった。
雑さって、なんか、心がノイジーになる。

せっかくHPにきてくれた方が
ノイジーな気分になるのはどうなん?
と 思い。
<悪いんだが、このカードに関しては、書き直しをしてほしい>と、よしみん。
すると、りかさん。
<最初のインスピレーションで書いてるからさ、
書き直しして、キレイに書くとかソウユウノは
できないんだよね>と。

え!?
めちゃくちゃアーティストの立ち位置なんですけど??
もう内心カチン!とキテル。
しかも、基本キレイに書いて、とか思ってたら、
りかーど全部ボツだし。

<そうじゃないだろ。
それぞれの個性を活かして
オモシロを大人のアソビココロで発信していきたいのね。
そこには、受け取る側がいるっていう意識は必ずアル。
何を発信していきたいか?の軸からブレないために
クリエイトしていく必要あるデショ。
よりよくなるための話し合いの度に、
ダメダシされて怒ってるのなら、きっとこれからキツクなるよ。
自分がオモシロければいい!っていうオナニーみたいな発信はしたくない。>と、よしみん。
<・・・。じゃ、やっぱりやめるわ。日めくりかーど。>と、Rica。
<そうだね。ならば始動する前にやめよう。>と、ちょしみん。あ、間違えた。よしみん。

ちーん。
日めくりかーど。始動前に決裂。

りかーど誕生秘話。誕生しないまま終わるのか・・?

Ricaのアウトー!!伝説その2
前回の地図同様、職場に証明写真の提出を求められて
出したらダメだしされたと 愚痴るRica。
聞くと、証明写真の枠いっぱいに顔をアップに写したらしい。
つか、髪の毛とかは枠に納まらなかったらしい。
えと。どうやったらそんなにアップで写せるん?
むしろそこが謎。

あ、あと、もう1個。言っていい?
10代の頃、一緒にバーで働いてたコトがあり。
Ricaさん、シェーカーなんぞ振ってカクテルなんぞも
作ってたのね。で、味見するじゃん?
普通、バーテンは長いスプーンでちょこっとすくって
手の甲におとして味見するんだけどさ。
Rica、そのままグラスに口つけてゴクリと味見して
「うん。」って言って、カウンター越しのお客に出してた。
お客もあたしも、2度見、いや3度見。

キリなく出てくるよ。アウト伝説。

つづく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ