14さいと5月7日

どぅーも

ジージョです

松本一家三連チャン投稿

特に書くことはないのですが書きまーす

はーい

ともじゅは、ツイッターで有名人なんだそうだけど

ふつうの人間で、おもしろかった

ジージョが会った有名っぽい人も

普通に、ふつうの人間だった

みんな いい性格でおもしろかった

最近の日課は、朝イチで大声を出すことでっせ

ああああああ!!!!!って

腹の奥底から声が出るんですねー♪朝なのに

「うるせえー!!」って怒られないところが松本家の良いところ

自分が好きに生きていられる空間は松本家ですねー

 

友達がいるところは気を使ってさ、本気で何かをすることができない

二人きりになったら友達をほったらかしにしてどっか行っちゃうジージョだけどね

 

ジージョは友達と三人っで行動して、イイ思いでができたことがないから、

一人か二人か四人以上がすきだな。三人はだめなんだよ。なんとなく。自分の中で

そういえば今、座長に宿題やらないでまたブログ書いてるねーって言われた

 

勉強楽しいと思うけどブログの方が楽しい

ってことでジージョはブログを書き続けるのであーる

 

続くぞ

でも書くことがないなー

座長から今聞いたんだけど。ボイドタイムっちゅー時間らしくて

やりたいこととか、打ち合わせとかそういうのすると良くない時間らしい

(このことを知らない人たちはどうなってしまうのやら)

なので、ジージョは絵本になりそうなお話つくります

あるところに一人の男の人がいました。

その男の人はある日、女の人を見つけました。

その女の人は、後ろに沢山の人を引き連れて町を歩いていました。

男の人は、女の人の集団が気になってついていくことにしました。

しかし、とくに特別なこともなく一日は終わっていくのでした。

でも、その集団は途切れることなく人が集まっていき、ついに町全体の人々が女の人について行ってしまいました。

ある時男の人は不思議に思いました。

「どうして僕はこの女の人についていっているんだろう。」

考えてみれば、先頭にいた女の人はこんなに人が集まってくるなんて思っていなかったのでしょう。女の人はこの状況から抜けたくても抜け出すことができなかったのです。  後ろにいる沢山の人がついてくるんですもの。

誰にもバレないだろうと思い、試しに男の人はこの集団からちょっとの間抜け出すことにしました。

抜け出してみると男の人は一人ぼっちで悲しくなりました。

一人ぼっちのまま、男の人は歩いていると隣町に来ていました。

・・・・

ある女の人は、男の人を見つけました。

その男の人は後ろに沢山の人を引き連れて町を歩いていました。

 

1462616981221

このお話はどういう意味なんでしょうねー

 

でわー

さいなーら

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ