生き方死に方を考える

どうも。お久しま◯子です。

今日は子どもの日。
ゴールデンな週の真っ只中ですが、いかがお過ごしですか??

 

私は今、病院にいます。

「父が入院して、もう長くは生きられないから、顔を見に来て」

と呼ばれてから1ヶ月以上。
はい、まだ生きてます。

病院の方々曰く、こんな患者は初めてだとな。

 

この1ヶ月ちょいの間、昼夜問わず「危篤」と連絡あり呼ばれること数回。
滋賀に住んでる兄も、もう何回も来てる。
この前は、北海道旅行に行く途中、札幌空港に着いて30分で呼び出しかかり群馬まで来た。

で、まだ生きてます。

なんなんだ、この生命力。

 

私が行くと、ヘヘッと照れ笑いをする。

昔から変わらない父の癖だ。

 

10数年前に脳梗塞を患い、多く麻痺が残り全く話が出来ず字も書けず、意思疎通が困難なんですが。

なんだかワーワー言うとります。

「トイレ行きたい」や「帰りたい」や「動きたい」

なんだと思うけど、なんも出来ません。
どうすりゃいいの?と数時間ごときで根をあげてる。

これをずっと自宅介護してた母スゲー。

そういえば、実家で飼ってた犬が動けなくなり、1年ほど要介護だったんだけど。
私はなんもしなかった。

というか、そんな状態の犬を見ていられなくなって、避けてた。
朝学校に行く時も、横目でチラリと見る程度。

そういえば、辛い事態になるとすぐ逃げるな私。
ホント向き合わない自分に気づいた訳です。

こんなに自由にならない身体でずっと寝たきりで。

死んでしまった方が楽なんでは?
出来れば安らかに眠って欲しい。

なんて思ったりしてる。ヒドイけど。

死にたいけど死ねないのか。
まだやり残した事があって死ねないのか。
生きたいと思っているのか。

分からないけど。

でもこんな状態でも、生きていて欲しいと思う人もいるわけで。

やはり人は、存在してるだけで価値があるのかもしれない。
存在がなくなっても、誰かの中に生き続けて価値があるのかもしれない。

 

父を見ながら思うのは、やりたい事がやれない、思うように動けないのは想像を絶する
ツラさなんだろう。

身体が自由で当たり前のように生きてることが、当たり前じゃなく。
なんでも出来るじゃん!って気になる。

自分の人生、誰かに干渉されることなく、思い通りに生きればいい。

生き方も死に方も、自分で決めていい。

 

身近に自ら命を絶った人がいるのだけど。
なんでそんな事するんだ、とか、残された人がかわいそう、とか。

いろんな言葉を聞いたけど。

 

私はその時に
あぁ、この人は責任をもって自分の人生を終わりにしたんだな。

って思った。
生きるのを選択するのも、死ぬのを選択するのも、自由であっていいと思った。

確かに、残された人が悲しむ。

それは、
何かしてあげられる事があったんじゃないか。
助けてあげられたんじゃないか。

という、罪悪感や後悔なんだと思う。

なんでも、やり切った感がないと、ベタッとした想いがこびり付いてしまう。

 

私は後悔しないように、今まで言ったことがない言葉を言ってみた。

 

「お父さん大好きだよ。もう心配しないで」

 

いつもの事だが、気持ちを伝えようとすると、先に涙が出てくる。

んで、喉がつまって声が出ない。

この癖もなかなかなおらないが、だんだん出来るようになってきたのかもしれない。

 

素直な感情表現大事。

 

いつも一瞬一瞬に向き合い想いを込めて、やれることはやりきった!
という生き方をしよう。

「我が生涯に一片の悔いなし!」

 

ラオウのような死に方をしようと今誓う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ