結婚とはなんぞや


どうも。離婚推進委員会ま◯子です。

あ、推進っていうと誤解招きますね。
離婚してもいいんでない?会にします。

私、付き合い8年、結婚生活6年、別居1年半の末、一昨年離婚した旦那がいます。
こうやってみると、私の1番いい時期を捧げたのではないだろーかという長さ。
この期間に、いろいろありすぎたので、それはまた後ほど!

離婚したっていうと、みんな気の毒そうな気まずい感じになるんですね。
いや、全然大丈夫ですから!って感じですが。

これ、自分から切り出したからだなーって。
強引に離婚求められて、泣く泣く合意した人にしてみたら、言いたくないし傷つくことだって、最近気づきました←おそっ!

離婚オープンにしてるせいか、周りが離婚するーとか、したいーとか、どうすればいいの?とかの話が多い。

もうその返事としたら、とりあえず自分の気持ちを素直に伝えた?としか言えないのですよ。

私は、言えてなかった。
つか、素直な本音がよく分からなかった。

なんでそーなの?なんでわかってくれないの?私はこんなにしてるのに!
っていつもプリプリ不機嫌。

とか言って本当は

「なんでいう通りにしてくれないの?」

だったわ。

あーそれ無理。変わるわけない。
エゴ丸出し。

そんなに理想に沿ってくれないんだから、好きにならなくていいよね?

ケンカしていいよね?
キライになっても、私悪くないよね?

あなたが悪いんだから!!

だから、浮気する。
あなたが私を大事にしてくれないから!
しょーがないよね?って。

なんで離婚したの?って聞かれるたびに、元旦那の嫌なところを理由にして答えてた。

でも気づいちゃったのですよ。本当の理由に。

私の最終離婚理由は「恋愛したいから」

人生の優先順位があるとするのなら、私は恋愛とセックスが上位にくるのです。
そこに愛と幸せを感じる。
これは人それぞれなので、反論は受け付けません。

旦那さんに恋して愛し続けられるのが離婚もなく理想の家庭ですね。
恋がなくなっても、家族愛というのが残るしね。

それが出来なければ、韓流やアイドルや近所のお父さんに憧れ恋する、
それも日々楽しく過ごすテクではある。

でも私はイヤだった。
このままストレスを溜めながら、セックスする気もおきない相手と生活を続ける事ができなかった。

今思えば、勝手だし向き合ってない結果だと思うが。

やっと相手の気持ちを感じる余裕と、期待をしないラクさを感じてる。

んで、ホントに離婚してよかったー!!とも思う。

今は子どもも毎日のように元夫と会ってるし。
泊まりに行っちゃって寂しいくらいだし。
こんな時に彼氏がいたらなぁ…とさらに寂しくなるし。

元々、結婚願望というものがなく、子どもができたからしたんだけども。

そもそも結婚制度とはなんぞやと。
「結婚してるから」という理由で縛られることが多い。
責任やら義務やら。

と、しか思ってなかったけど。
安心感というものを形にしたものなのかもしれないと 少し思うようにもなった。

過去に一生この人といたい!と思う人はいたが。

いつか「結婚したい!」とい思う時がきたら分かるのかもしれないな。

やっぱり人は、経験でしか実感出来ないってことで。

んで、ぺことりゅうちぇる夫婦は最高だなってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ