宇宙船で言われたコト。 トップ写真は リラックスのこむぎ☆片目片足☆

ども☆

よしみです。

7月に入りましたね。

上半期で

よしみは 自分に集中していくために
手放すモノを手放し
スペースを空ける作業をしておりました。
(まだまだ 気づくたんびに 続けてますがね。)

 

空いたスペースに
ナニが現れるのかは 
宇宙にお任せしながら。

 

ココ数日は、
いつも目一杯だった自分の毎日に
空白がポツリポツリあったので
何故か 慣れない
不思議な空間を味わってました。

☆☆

そんな中、全国各地で地震や水害が起き
目に入る映像を見ながら
当たり前は当たり前ではないな、と 感じていました。

 

同時に目の前にアル 
いつもの光景が
安心で 楽しくて
「アル」という感覚の中に
自分が生きているコトも
47年間の中で 
イチバン感じているコトに気づきました。

出会う方々には
「お掃除」
の 大切さを 
とにかく集中して
伝えてきてましたが。

よしみも どんどん お掃除して。

「ナイ」を見てしまう生き方から
「アル」を見ている生き方に
ドンドン変わっている。

そしたら、何を見て何を聞いても
不安の中に存在しない
安心な世界に 住んでおります。

☆☆☆☆

 

うん。

今回の災害でも
よく耳にした。

「記録的被害」

とか

「未曽有の出来事」

とか

「いまだかつてない歴史的にも初めての災害」

とか

・・・・

経験していることは、
その体験から 自分の判断ができるけど。

コレラのコトバは
未経験だから
「どうする?」
の判断ができにくい。

で。
いま、
そうゆうコトが起きてる。

☆☆

ご縁頂いた クライアントさんの中にも
水害や土砂崩れの災害に遭われた地域に住む方たちがいて。

状況を伝えてくれるメールなども 様々な地域から頂いてました。

その中のヒトリとやりとりしていて、
ふと 思い出したコトがあった。

以下、よしみが その方に返信したメール。

☆☆

テレビから 雨の被害を 観ています。
 
浄化だなー、と 思っていますが
自分の地域であれば、そんなコトも言ってられないよね。
 
いざというとき、何ができるか
どう動いていけるか
心も体も軽やかに
しておこうと思っています。

 

2014年に宇宙船にのったとき、

「これからのセッションは
地球の浄化が始まったとき、
瞬時にどうするか?
選択できる人たちを生み出していくように」
と 言われました。
 
心も体も 軽やかに
 
自分で選択できる。
不安の波動で とどまらないように
 
そんな意味でした。まさしく。
 
全国で 始まっているね。
意識の洗濯。

 

☆☆☆☆

 

今朝のニュースでも

耳に入ってきた。

瞬時に判断できる人と、
どうすればいいか?悩んでしまう人で
明暗が分かれた・・と。

宇宙船に乗ったときに
見せられた
コレカラの地球と
コレカラの私達への課題。

それが ますます リアルになってきてる。

そこらへんのハナシも
壱岐ツアーで じっくり 話せたら、と
思ってます。

あ!

壱岐ツアー 
満枠でしたが、オヒトリ キャンセル出まして
アト ひとり 参加可能です。

コチラも ピピ!ときたかた 是非に。

 

☆☆☆☆

全然関係ナイはなしだけど。

 

先日
ご縁いただいた方と
やりとりをしていて

「ワクワクが目の前にアルのに
いざ、動こうとすると メンドクサクなっちゃう」

という コトバを聞きました。

その感覚。
最近のよしみも・・アル。

なんでだろ。

ヒトリで過ごしたり、
子供たちと、ラテとこむぎと
オウチに居るのが
楽でいい・・

そんな 気分になってしまう。

みんなも そうゆう 感じアル?

よしみは イママデ
外に外に
意識が向いていたので
この感覚には なんか 慣れなくて。

でも。
心地いい。

 

「アル」
を 見つけてしまうようになってから
イロンナコトが 変わってきてる気がしてる。

あー。
もう すでに アルんだなー。と。

よしみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ上へ