劇団松本良美 よみこみちゅう

劇団松本良美の「6月に向けて。よしみの備忘録。 」

6月に向けて。よしみの備忘録。

ども★

よしみです。

6月に入りましたね。

 

よしみも、ブログでも伝えていましたが、

この6月に向けて、何度も自分自身のパターンの破壊と再生、

光に向かおうとすると浮上する闇との対面、を繰り返し、

その都度、現れるエゴの抵抗を感じては、「お掃除ポイント!」と気づき、

お掃除をしてきました。

 

ずっと、感覚で受け取っていた

「6月にはより高い意識で、軽やかに宇宙意識と共に進んでいける自分になるよう」

自分の中から湧く抵抗を突破しながら、その抵抗がこの先の自分の中に存在しないよう、抵抗が起きるものほど、向き合って、出してみて、手放して、気づいたらアタラシイ自分へとたどり着き、その後の世界に恐れというエゴがなくなる、という状態を体感してきました。

 

その都度、目の前の世界に境界線がなくなり、広い世界が展開していくシンクロを受け取っています。

宇宙ってすごいよ。

 

今日は、6月からの下半期に向けて、今の自分への備忘録としてブログを書いている感じ。

お付き合いくださいませ。

 

☆☆☆

 

今年に入ってから。

あるクライアントさんに「よしみさんは、もっと広い世界に行けるのに、岩戸に隠れている感じ」と言われた。

そのクライアントさんが何気なく言ったそのコトバが、自分の意識にものすごく引っかかった。

うん。今までも、同じようなこと、言われていたけど、「ふーん」と素通りしていたことに気づいた。

その後も、数人の方に、「なんか、よしみさんは、もっと広い世界に行く気がする」と言われ・・、あ。山城さんのホロスコープでも、それがテーマと言われていたよ。

 

なるほど、それがテーマであれば、やはり、その場面に直面すると、エゴが抵抗するな・・と、気づいた。

 

「なんで、抵抗する?何に抵抗する?」

・・自分に問いかけていても、わからなかったのだけど、お掃除を提唱しているからこそ、何かしら、抵抗があるなら、いろんな方のコトバを素直に受け入れよう、自己変容をしていきたい、と、2019年は強く認識していたんだよね。

 

それから。振り返ると、怒涛の自己変容、自己脱皮に向けての、お掃除のピークが始まった気がする。

春分に宣言した「御魂を生きます!」という宇宙への宣言も後押しして。

それはそれは、光と闇、破壊と再生のオンパレードな日々。

気づく。手放す。またさらに深い闇=自分のエゴを見る。の連続が、半端ない速さでやってきた。

 

お掃除して軽くなるかと思いきや、さらに「じゃ、この闇もみなさいな」って、現実の世界にどんどん、ドラマが展開されていった感じ。

 

いやー。一体いくつの、今までのよしみちゃんのパターンを手放したことやら・・。

 

 

手放しが起きると、心身共に軽やかになるのが体感できる。
そして、その都度、アタラシイ出会いやご縁が生まれるシンクロにも驚いた。

 

 

5月に入って、前述の同じクライアントさんから「並木さんのエナジーに触れてみてほしい」というようなことを言われた。ここ最近、よく耳にする並木良和さんという方だ。なにやら、どの講演会もすぐに満席になってしまう方で、クライアントさん曰く、「今なら、5月末の講演会を予約できる」と。並木さんが伝えていることは、よしみのお掃除とも同じなんだけど、その方のエナジーに触れてほしい、という感じだった。

 

今まで、誰かの講演会は、トッチさんしか行ったことないよしみ。

いわゆるスピリチュアルという世界で活躍している方の活動や著作に、うとい私。

だからこそ、今までのよしみだったら、「んー。自分から、行きたい!って思わなければ、行かなくていいやー」なんて、誰かからのアドバイスとかは受け取らなかったのだけど。

そのクライアントさんのコトバに、今回は、素直に反応してみよう、と、並木さんの講演会を予約した。

 

6月には軽やかな宇宙意識に!

と 感じていたよしみは、それまでに、母や父、子供たち、パートナー、仲間・・。

全方向に対して、まだあったのか!!という、伝えられずに、言えずに、本当の自分の声さえも気づかずに、深ーいところまで降りて行ったら見つかった、ひとり抱えて頑張っていた生き方、自分のパターンを手放していっていた。

否応なく、それらを手放すときは、恐れが共にやってきたけどね。

ちょーー、怖かった。覚悟するまで。

そりゃそうだ。それまで、言ったら、やったら、だめだ!って、思いこんでいたことを手放す=直接伝えるわけだからね。本音を伝える。

 

とにかく、今年に入って、ますます、恐れの先に光を見出し、進んでいくことを選んでいた感じ。

 

 

で、漠然と感じていた、6月には自己変容していたい、というその時を前に、先日、並木さんの講演会に行ってきた。

 

300人ほどを前に語る並木さんの講演の内容は、なるほど、波動を上げるための、よしみでいうなら、お掃除の大切さを、並木さんのコトバで伝えていて、やはり、いま、みな同じことを伝えているんだなー、って感じた。

自分軸の大切さ、その自分軸である在り方。なども。すべて、うなづけた。そして同時に、どれだけの人がその状態になれるのか?とても難しいことでもあるな、って認識した。

 

並木さんが語る内容は、これからの目覚めの意識に向けて、本当に大切なオハナシだし、それは、トッチさんも、山城さんも、よしみも、それぞれの角度から語っている。

でも、よしみが反応していた視点は、自分の恐れの手放しのテーマを映し出すものを捉えていたんだよね。

 

いわゆる、広い世界に行くことへの抵抗が自分にアルってこと。

目の前の並木さんは、広い世界で思うまま伝えたいことを、宇宙のお役目として存在しているのが分かった。

よしみが触れるエナジーは、その部分だ。

うん。潜在的には、並木さんから感じられるエナジーを感じていた。

客席の自分とステージ上の並木さんのエナジー。

 

でね。備忘録として残したいのは、ここからのコト。

 

この講演会の後に、少数人数限定で、懇親会があったのだけど。

よしみが予約した時点では、すでに懇親会の受け付けは締め切られていた。

 

そしたらね。

よしみが深く信頼している方が、並木さんの講演会会場に現れた。

 

驚いた。

1回会って、それ以来、1年ほど会ってなかったけど、何かあれば、メールでやりとりをしていた方。

いつか再会したい!と思った方が、並木さんの講演会会場に現れるとは・・。

 

思わず、講演会最中に、メールで「同じ会場に居まーす!」とメッセージを送った。

きっと講演会の間はスマホを開かないだろうと思っていたのだけど、その方からすぐに返信があった。

「懇親会でるの?」と。

よしみは、予約とれなかった旨を伝えた。

そしたら「私から、入れるように話しておくね。」そしてすぐに「OKだよー!」ときた。

 

あり得ない・・。

 

「おい!宇宙ーーー!!」そんな感じだった。

 

よしみからしたら、その日の並木さんの講演会には宇宙連合さんたちがゲストのごとく大集結していて。みなさん、その後の懇親会にも参加するであろう、と想像つくその場に、参加できること。そして、その錚々たるメンバーの中でも、ずば抜けて<宇宙人!!>と感じるその方と、このタイミングで再会できること。

これは、宇宙さんが、「感じなさいよ」と取り計らってくれているに違いない、としか思えなかった。

 

もう・・。宇宙にサレンダー・・・。

 

そう思いました。

 

結果的に、その方に先導され、懇親会に参加できたよしみ。

 

懇親会でのことは、また、改めてしたためてみたいけど。とにかく、よしみ的には、お掃除を進めて、さらなる 手放しに気づくためのギフトだと思えるほど、再会したかったその方と色々な話ができたり、すでに、自分の伝えたいメッセージを広い世界で伝える活動をしている方々の波動に身近で触れ、本当に深い気づきがありました。

 

それは、シンプルに「拒絶されること、受け入れてもらえないこと」への恐れというエゴの手放しの必要性でした。

 

いわゆる、宇宙意識で生きる人には、地球意識のエゴ、2極化や分け隔てがない。

 

 

興味あればすぐにその思いを押し出すし、誰とでも気持ちよい交流をしていた。

 

エゴは、分離意識を作る。

 

例えば、私の場合では、久々に再会したその方に「よしみちゃん、こっちの席においで!」と中央に鎮座する席へと手を引っ張られた際、「いやいや、私なんて、その席には座れませんよ」って、遠慮をする。

 

これも、エゴだ。

拒絶されることへの個人的な恐れからの発言。

 

うわー、そうゆうのが、自分の世界を狭めてるんだ・・って、つくづく感じた。

 

何かとの比較も、自信の無さも、一見控えめで謙虚とされているそれは、ただのエゴだ。

 

あー。手放そう。

 

そう思えた。

知っている世界、から、知らない、行ったことのない世界へ。

自由に冒険するように生きる。

 

そのためには、恐れを徹底的に手放すのだ。

 

後日、その方から、「なんで講演会にきたの?」とズバリと質問された。

 

話を聞きに来たのではない、何を受け取りに来たの?と 聞かれた。

 

恐るべし、宇宙人。

 

自分の気づきをシェアしたら、「そのうち、オハナシ会やろう!」という流れになった。

 

うん。よしみも、その方の宇宙意識で居る在り方を皆さんと一緒に触れてみたい。

 

いつか 実現することを思って。

 

そして、その方は「なんにも考えないで、あとは、宇宙に私たちを使ってもらいましょう!」ときた。

 

しびれる言葉だ。

 

完全にサレンダーとは、宇宙に使ってもらうことなんだよな。

自分でなんとかしようとしない意識。

 

6月を直前に、この会話を、大好きな方と語れること。

 

よしみにとっては、本当に幸せな気づきであったのです。

 

・・そんな、備忘録。

 

そして、軽やかに、お役目に集中しながら、6月からの大切な時間を過ごしていきます。

 

皆さま、今後とも、よろしく楽しく進んでいきましょう★

 

懇親会での1コマ。

よしみが会いたかった人は、中森じゅあんさん。

よしみの下にいる、おちゃめな宇宙人さんです。

 

☆☆☆

 

よく聞かれるコトバに

「お掃除はずっと続くのですか?」

というのが あるけど。

 

生きてる限りは 続くと思う。

 

毎日排泄して、毎週ゴミを出すようにね。

 

ただ、それを、放置しない自分になっていくだけ。

気づいたら手放す。

 

エゴという闇が消えるまで、それは続くと思う。

人間である限り、続くと思う。

宇宙意識になるから、それが、しんどくなくて、楽しくなるだけのことで。

必要だったものが不要になれば 手放し。

なにかにぶつかって、痛い怖いと思えば、声に出して伝えるだけ。

 

それが、抵抗という、闇=眠ったままの自分に、引っ張られるエナジーがなくなれば、

軽やかに進むだけになる。

 

そんな気づきを、なんとか、6月の新月までに、体感して腑に落とせたよしみです。

 

 

また、その意識になっていく過程を、セッションやオハナシ会で伝えていきます。

あ。

6/3のクリスタルボウルは、まだ参加可能です。

 

夏至、そして夏越の祓とやってくる、エネルギーの変容期に、

自分自身の祓を、お掃除を、どんどん進めていこう☆

松本良美
松本良美 Matsumoto Yoshimi

1971年生まれ。女性。魚座のO型。

6月に向けて。よしみの備忘録。のコメント

2 comments on 6月に向けて。よしみの備忘録。

よしみさん🌟先日もありがとうございました😊
記事見てワクワクしちゃいました!

まさに!岩戸開きですね😆

中森じゅあんさん、
著名な方でいらっしゃるのに
存じ上げませんでした。
ただ、並木さん講演会で質問をされている空気感で只者ではない方と感じとれました✨✨
じゅあんさんが
不思議そうに
「あなた全部わかってることばかりなのになぜわざわざ聞きに来たの?」とよしみさんに
お話されているのをみて
いてまたワクワクしてしまっていました!何かが開く〰〰✨✨✨

其の後、ふと思い出して
注文した本の巻頭に
中森じゅあんさんのメッセージが
あって😆
本当、宇宙ってスゴいですね!

新月に願い事!

よしみさん⭐️じゅあんさん⭐️
よしみさん⭐️並木さん⭐️
コラボ💕💕💕
楽しみです🌟🌟🌟

ありがとうございます!

いつも 絶妙なアドバイス★ありがとうございます!!

やはり 日々の色々なところで 必要なメッセージをもらいます。
そのサインをしっかり受け取り、光に向かいたい所存の双子座新月からの6月のはじまり★

いつもありがとう!!

よしみ

※ サイトでは、公開されません。